V R C とは? Venous blood Return Construction

静脈血流促進の向上コントロールを意味します。 人が本来持つ修復再生能力の向上を実現する システムです。

 

殆どの病気は自分自身で治しています。医師は単にその支援をしているだけ。救急医療には絶対医師は必要ですが、薬物を使用しないで健康維持を行う方法の開発は急務です。

 

VRCは専門知識がない方でも手軽で安全に血流改善ができるシステムです。ご自身がもつ再生能力をいつまでもフルで使える健康的なカラダをつくりましょう。



幅広い世代、幅広いニーズにこたえるVRC

VRC自動装置は最適な血流を実現し、血管、血流の健康と若返りを図ります。

クリックすると拡大されます

クリックすると拡大されます

クリックすると拡大されます



VRCをお使い頂いた方の声

 

20代 女性

~冷性~

 初めてのセッションでは足先が少し暖かく感じるだけでした。ただ、デスクワークの間、PCに向かいながら定期的に駆血を行ったところ、冷えを感じることが減っていきました。また、基礎体温も少し上がり、35度台だったのが36度台まで上がったのはすごく嬉しいです。

 

40代 女性

~エイジング~

 年齢とともに肌の透明感が失われ、色々なスキンケアやサプリを試していましたが、目に見える効果が感じられず、VRCも半信半疑で行ってみました。使って1ヵ月ほどで、メイクをした時の肌の色が明るいのを感じ、驚きました。

 

50代 男性

~運動嫌い~

 歳をとるごとに、代謝も体力も低下していくのを感じていましたが、これまでの食習慣をかえハードな運動を行うことはかなりハードルが高く実施できませんでした。VRCは運動を主体に置かず私のような中年でも無理なく健康づくりができると実感しています。


 

60代 男性

~痛風の改善~

 痛風に伴う激しい関節炎があり、痛くて生活に支障をきたしていました。元々薬嫌いということもあり、薬なしで改善に向かう方法があるということでVRCを利用しました。結果、徐々にではありましたが、腫れや痛みも引き、今では全く気にならないほどです。

 

70代 男性

~運動能力回復~

 年々脚が上がりにくくなり、散歩をするのも億劫になっていたころVRCに出会いました。朝昼夜、どの時間でも構わないということで試しに朝の散歩前に利用してみました。すると、VRCをした日は脚が軽くスムーズに歩けるのを実感。回数重ねるごとに、筋力が増えたのか少し長い距離でも楽に歩けるようになりました。

 

20代 女性

~自律神経失調症の改善~

 朝起きるのがとにかくつらかったのですが、VRCを始めてから午前中の活動がしやすくなったと思います。駆血法により「交感神経の緊張と副交感神経の緊張が交互に与えられ、神経のバランスがとれる」ということで知り合いから進められましたが、試してよかったと思います。


 

20代 女性

~筋肉の疲労~

 普段、筋肉痛が消えるまでに3日間はかかるところ、トレーニング後VRCをしておいたところ、翌日には筋肉痛が引く兆しを感じ、2日で完全に痛みが引いた。

30代

プロサッカー選手

~怪我・疲労回復~

 試合やトレーニング後の下半身の回復が早く、今までより練習量が効率的に増えた。



最新情報

5.22 ベトナムホーチミンVRC装置、心臓外科へ

6.1 六本木VRC認定店舗 オープン

6.18 中国輸出開始

6.1 VRC.新機種発表

6.1 未来型ペレット発表