VRCとは?(Venous blood Return Constriction)

・特許取得済製品
・宇宙飛行士の健康維持にかける時間を短くするために考えられた装置
・血流を改善し、人が本来持つ再生能力を向上
・安全を考慮した静脈血の血流制限によるトリートメント
・運動嫌い必見!VRCだけで運動をした時と同様の血流環境を作り出す
・1回15分座ったままで完了
・年齢・性別問わず幅広い層で利用可
・著名スポーツ選手も実感!疲労回復で高評価



血管の老化と健康

 

たとえ血圧が正常であっても、動脈硬化やストレスなどが原因で血管が詰まってしまうと細胞に酸素と栄養素が届かず「皮膚⇒乾燥肌やシワの原因に」「肩⇒肩こりに」「頭皮⇒抜け毛の原因に」そして、「心臓や脳の血管が詰まると、命にかかわること」になってしまいます。


人の体は約50兆個もの細胞から作られていますが、その細胞1つ1つに酸素や栄養素を運ぶのが血管。血管が老化してくると十分な酸素や栄養が細胞に届きません。血管を若々しく保つことは健康を保つ要です。

 

VRCは「食事、運動、睡眠」という従来の血管ケア方法とは全く異なる新たな方法です。


VRCは脳に刺激を与え血流を増やす

→脚のつけ根を駆血(VRC)すると、 一時的に下半身の血流が制限され、 下半身の細胞が酸欠状態になるとそれを脳が察知して、 血液を末端まで送ろうと血管を広く広げます。このことにより、締め付けを解除した際、 血液は行き場を求めて勢いよく流れることになります。

また、この際、心臓の心拍数が増え心筋も鍛えられます。

これは実際に運動をしているわけではないのにも関わらず、 運動をしている時と同じような状態になっているとも言えます。

 



VRCはカラダの末端の毛細血管の状態を変化させる
毛細血管はヘアピン状に長く伸びているように見えるのが良い状態です。VRC実施前は点のようにしか見えなかった血管が5年継続使用できれいなヘアピン状に変化。また長期利用者は81歳でもきれいに長く伸びた血管を確認することができています。



VRCは血管の内皮細胞の機能を改善する

筑波大学体育系 スポーツ医学にて、血管の内皮機能を図るFMD(血流依存性血管拡張反応)検査を行った結果。


血流改善セッションと結果データグラフ(測定器はパイオニア製血流計)

週に1回のVRC駆血セッションで血流を改善し、血流が良くなると、血管の壁から「プロスタサイクリン」という血液をサラサラにする成分が放出されます。毛細血管まで酸素や栄養素が届き人本来の自然治癒力も高まると言われてます。VRCの役割とは、血流改善アプローチ方法なのです。自己再生能力、自己治癒力の向上による様々な効果が期待できますので、是非お勧めします